自己受容

やめといたほうがいいと言われたとき

投稿日:

 

こんばんは、神谷今日子です。

 

あなたは、何かを始める時に、誰かに止められたことはありますか?

あなたは、他人の否定に揺らいでしまうことがありますか?

あなたは、やりたいことをして生きたいと思いますか?

 

私も、最近、「やめといたほうがいいよ…」と言われることが多かったため、今日はこの言葉について、書きたいと思います。

「やめといたほうがいい」という言葉

あなたは、何かをするとき、「やめといたほうがいいよ」と止められたことはありますか?

 

そういった時は、やるのを躊躇してしまうこともありますよね。

確かに、相手はあなたのことを思って、そう言ってくれているのかもしれません。

 

  • 相手自身がやってみたら、良くなかった
  • あなたには合わないと思う…と推測している
  • 一般的に…普通は…と、他人軸で判断している

…等、色々な理由があるかもしれません。

 

でも、それによって、あなたが苦しくなってしまうのであれば、

一度、考えてみる必要があります。

どんなものにも悪いところは見出せる

 

どんなものにも良いところが見出せるように、

どんなものにも悪いところは見出せます。

 

例えば、ファーストフードってありますよね。

安くてお腹いっぱいになれるから助かる!というイメージを抱くこともできますし、

油っぽくて塩分も多くて、人を不健康にさせている害悪なものだ!というイメージを抱くこともできます。

 

このように、どこに目を向けるかによって、そのものに対するイメージは変わるのです。

 

もう一つ例を挙げます。

社長さんは、社員さんよりたくさんお金が稼げて良いというイメージもありますし、

一方、責任が大きくて、辛いというイメージもあるかもしれません。

 

どんなものにも、見出そうと思えば、悪いところは見出せる。

だから、「やめといたほうがいい」という言葉が、あらゆる場面で出てくるのですね。

自分の価値観で判断する

誰かに「やめといたほうがいいよ」と言われたとしても、

まずは、あなたの価値観で、判断してみてはいかがでしょうか?

 

その「やめといたほうがいい」は、相手の価値観で判断したものに過ぎないのです。

 

  • あなたにとって、必要なものはなんでしょうか?
  • あなたにとって、好きなものはなんでしょうか?
  • あなたにとって、有益なものはなんでしょうか?
  • あなたにとって、やりたいことはなんでしょうか?

 

すべてのものの良いところだけを見ろ!というわけではありません。

でもこういったことを考えた上で、それをするのかしないのか、決めてみると良いと思います。

終わりに

誰かにやろうとしていたことを否定されると、やる気も落ちてしまうことがありますよね。

でも、そういった時こそ、自分がどうしたいのか?を知るチャンスです。

ぜひ、あなたらしい人生を生きてくださいね♪

では、今日はこの辺で✋

あなたの動画を販売してより自由に生きるための7つのステップを無料メルマガにて配信しています。

・時間と場所に囚われずに働きたい

・好きなことを仕事に活かしたい

・動画の撮り方・編集方法を知りたい

・自由になるための考え方を知りたい

という方は、ぜひ登録してみてくださいね。

ご登録はこちらをクリック

from 神谷今日子

ご質問はLINEでしていただけると、早く返信できます。

友だち追加

Twitter:@kamiyakyouko
Facebook:@kamiyakyouko

-自己受容

Copyright© 神谷今日子公式サイト , 2020 All Rights Reserved.