KYOKO AROMA SCHOOLのご案内


広汎性発達障害・不登校で悩み、
生きることに絶望していた神谷今日子が、
「ある液体」を1日5分使うことで、
心が穏やかになり、
発達障害を克服することができた。

本場フランスでは、「ある液体」を

医療で活用する研究が進んでおり、
人間の感情や本能に関わる大脳辺縁系に、
直接作用することが既に認められています

あなたも、「ある液体」を1日5分使って、
お子さんの発達障害を克服し、
笑顔溢れる毎日を手に入れませんか?



このお手紙は、下記に該当する方に向けて書いています。

・発達障害で困っている方
・発達障害の子どものことで悩んでいる親御さん
・発達障害の子どもの子育てに疲れている方
・発達障害当事者の方
・発達障害の特性から来る二次障害でお困りの方
・睡眠の悩みを抱えている方
・自律神経失調症・うつ病にお困りの方
・なかなか心身の不調が良くならない方
・自然療法に興味のある方
・心理療法に興味のある方


…バタンッ!! 


「お母さん…………体が……動かない……」



「今日子……?どうしたの!?……今日子……今日子!!!……救急車!!!!呼ばなきゃ…」


高校三年生の秋、私は、トイレに行く途中の廊下で、突然倒れた。

手足の力が入らなくなり、意識が遠のいていく中、母親が必死で救急車を呼んでいた。


徐々に暗くなっていく視界で見たその姿が、目に焼き付いて、申し訳なくて、涙が止まらなかった。


救急車のイメージ画像



病院に運ばれると、すぐに点滴が打たれた。


診断は、「過換気症候群」


精神的な不安や極度の緊張により、過呼吸になる病気。

治療法としては、ゆっくり呼吸をするように心がけたり、精神安定剤が処方されたりするのが一般的である。


しかし、当時の私は、既に精神安定剤は服用していたし、呼吸もゆっくりとおこなうようにしていた。


それでも、過換気症候群は起きてしまった。

(病院でもらった薬を飲んでいても、なかなか良くならないなぁ…)

(何で私は、他の人みたいに、元気に学校に行って、健康に生きられないのだろう…?)


いつも、緊張感や不安感、睡眠障害といった、心の不調に悩まされていた。


過換気症候群が起きて、数ヶ月経ったある日、たまたま立ち寄ったイオンモールの雑貨屋さんで、私は、「ある液体」と出会った。


当時も、「ある液体」のことは知っていたが、そこまで興味を持ったことはなかった。


しかし、店に置かれた試供品を軽い気持ちで使ってみると、びっくりするようなことが起きた


常にモヤモヤとしていた胸がじんわりと温かく感じ、一瞬で心が元気になっていったのだ。

(精神安定剤でもだめだったのに、何が起きたんだろう…?)


とても不思議に思った私は、直観で、「ある液体」を2本ほど選んで購入した。


この液体が、後に、たくさんの元気をくれることになるとは、当時は思いもしなかった…。


自己紹介


ここで、自己紹介をさせてください。

神谷今日子と申します。

神谷今日子のプロフィール写真


職業で言うと、WEBクリエイター・アロマセラピスト・心理カウンセラーをしています。


心理カウンセラーとしては、発達障がい支援センターという2005年から続いている団体にも所属しています。
(WEBクリエイターとしてホームページの制作も担当)

発達障がい支援センターホームページ画像
発達障がい支援センターのホームページ(https://skill-t.org)



私は、1993年に群馬県で生まれました。

両親が共働きだったため、1歳から保育園に通い、すくすくと育っていきました。


しかし、保育園に通い始めて少しすると、普通の人と違う部分が出てくるようになりました。

言葉をしゃべり始めるのが遅かったのです。


私は覚えていませんが、両親が言うには、当時、保育園の検診で指摘されることもあったようです。

病院に連れて行くこともありましたが、私がひどく泣くため、両親も連れて行くのをやめてしまったそうなのです。

両親にとって、これは苦い思い出だったようで、未だにこの話を両親に聞いても、詳しく話してくれません。笑
(今では、この気持ちもよくわかります)


4歳になったくらいからは、私も記憶があります。

先生に怒られる機会が増えたからです。

何で言わないの!
何でそんなことするの!
何でできないの!


先生は怒っているというのはわかるけれども、私の何に対して怒っているのかが、全くわかりません…

先生に怒られるのが怖くて、顔色をうかがい、言いたいことが言えなくなっていきました。

4歳児にして、私は生きづらさというものを感じていました。


当時よく見ていた夢は、真っ暗な中をずっとさまよい続ける夢。

真っ暗のイメージ画像


この悪夢を見るのが怖くて、夜眠れなくなり、4歳にして徹夜をしたこともありました。


そして、小学校に入学。

低学年の頃は、一人で遊んで過ごすことが多かったです。
いじめの標的になることもありましたが、ほとんど休むことなく学校へは行くことはできました。

ただ、この頃から、体はあまり強くなく、アトピーや喘息もあったため、病院にお世話になることがけっこうありました。
空腹になっただけで気持ちが悪くなってしまい、保健室のお世話になることも多かったです。


従順だったので、問題児ではありませんでしたが、忘れ物(週に3回くらいしてました)や、うっかりが多く、先生からは、ちょっと不思議な子と思われていたかもしれません。



そして、中学・高校と進んでいくうちに、徐々に対人関係の悩みが出てきました。

人と関わるのが苦手で、うまくコミュニケーションが取れず、毎日のように悩みました。


そんな自分でも、暗記が得意で、勉強だけは頑張れば何とかなるとわかっていたため、対人関係の悩みから逃げるように、ひたすら頑張りました。


しかし、高校3年生の春に、不登校になってしまいます。

こんな自分が世の中でやっていける自信がない。
何とかしなくてはいけない。
でも、どうしたらいいかわからない。



当時10代で、何もわからなかった私は、終わりの見えない不安という闇に簡単に飲み込まれ、さまようことになります。

毎朝起きても、腹痛で学校に行けない。
何もしていないのに、涙が出てくる。



今まで、我慢して頑張れば何とかなると思っていたのに、糸が切れたように、何もできなくなりました。


精神科にも行き、ついた診断名は、「身体表現性障害」と「過敏性腸症候群」でした。

ストレスが身体の症状になって出てくる病気です。

当時はまだ、発達障害という言葉が一般的ではなく、これらが発達障害の二次障害だと知ったのは、何年も後でした。



学校に行って欲しい母と、苦しみをわかって欲しい私は対立し、取っ組み合いをしながら言い合いすることもありました。

こんな自分ではダメだ…
もっと普通に生きられれば良かったのに…
何で私は他の人が当たり前にできることができないんだろう…



そして、冒頭にお伝えしたように、過換気症候群で倒れることが増え、救急車で運ばれてしまったのです。


不登校・精神疾患・過換気症候群…


身も心もボロボロだった時に出会ったのが、「ある液体」だったのです。



「ある液体」とは?



ボロボロだった私の心を一瞬で元気にしてくれた「ある液体」とは、

アロマセラピーで使われる「精油」という液体です。


アロマセラピーという言葉を聞いたことはありますか?


アロマセラピーとは、植物から抽出された「精油」を使って、健康に役立てる自然療法のことを指します。


日本では、アロマセラピーと言うと、リラクゼーションや美容目的でおこなわれることが多い印象ですよね。



しかし、アロマセラピーという言葉は、フランスで、医療で活用するために誕生したものです。


1910年に、化学者であるルネ・モーリス・ガットフォセという人が、爆発事故でひどいヤケドを負った時に、ラベンダー精油を使ったのです。

他にも、ジャン・バルネ博士という医師が、第二次世界大戦中に傷ついた兵士たちの治癒に、精油を使っていたと言われています。


ヤケドや、傷の治癒、そういったところからアロマセラピーの研究は始まっていったのです。



1990年代になると、フランスで発展したアロマセラピーが、日本に入ってきます。

「メディカルアロマ」と呼ばれるものです。


日本でもアロマセラピーの研究は進められ、最近では、代替医療としてアロマセラピーを取り入れる病院が増えてきています。


例として、がん患者でリンパ浮腫のある方向けに行う、医療リンパドレナージュや、
産婦人科で、分娩の時にアロマセラピーが受けられる病院もあります。


「精油」の驚くべき作用とは?


アロマセラピーに使われる「精油」には香りがあります。

例えば、くだもののレモンから抽出した精油は、レモンの香りがします。
花のバラから抽出した精油は、バラの香りがします。



この香りが、心や体に変化を起こしていくのです。


実は、香りというものは、大脳辺縁系という、脳の本能や感情に関わる部分に直接作用することが認められています。

つまり、欲や感情のコントロール、日々の体調管理に、精油は大活躍するのです。


かつての私が、香りを嗅いだだけで、心が晴れやかになったのもこのためです。



実際に、医学会でも、アロマセラピーの研究発表がおこなわれています。


例えば、「きりつ名人」という自律神経機能を測定する機器で、アロマセラピー前と後で数値を比べたところ、自律神経機能の増加傾向を認めたそうです。

※参考文献:「アロマボディトリートメントによるアンチエイジング効果の検討 杉岡陽介他 第17回日本抗加齢医学会総会 (2017.06.02~04)」



他にも、BDNFという神経の発達に関わり、ADHDの方やうつ病の方が少ないと言われている物質の値が、アロマセラピーをした後で、1.28倍増加したというデータもあります。

※参考文献:「精油(エッセンシャルオイル)塗布における各種ホルモンへの影響について 杉岡陽介他 第19回日本抗加齢医学会総会 (2019.06.14~16)」


また、多動性のある3歳児にアロマセラピーをおこなったところ、「元気はありつつ、じっとしていられる状態になった」という驚きの変化が起こったという事例もあります。

※参考文献:「赤ちゃんと子どものためのアロマセラピー ペニー・プライス&シャーリー・プライス フレグランスジャーナル社 (2015)」


アロマセラピーに関する研究発表や、発達障害の方への詳しい活用事例については、「発達障害克服のためのアロマセラピー無料メール講座」でもお伝えしています。

まだお読みでない方は、読んでみてくださいね。


こんなに素晴らしい作用のある「精油」に助けられながら、私は発達障害を克服していったのです。



このようなことはありませんか?

あなたは、子どもの発達障害に困っていませんか?

あなたは、子どもの発達障害で苦しんではいませんか?

あなたは、子どものかんしゃくに疲弊してはいませんか?

あなたは、子どもの多動性に振り回されてはいませんか?

あなたは、発達障害の子どもの不登校に悩んではいませんか?

あなたは、子どもの発達障害を克服したくはないですか?



発達障害は、障害であるため、治すことはできません。
しかし、克服はできます。


例えば、私自身、人との会話が苦手で、20歳過ぎくらいまで、人とのコミュニケーションが取れませんでした。

会話の意図や言葉の意味を理解できず、話の内容がよくわからないまま、とりあえず笑っていることがよくあったのです。


しかし、人が会話をしている動画を何度も見たり、人と話す機会を何度も作ったりして、パターンを学習していきました。


相槌の打ち方や、こう言われたらどう返すといいのか?どう返すと嫌がられてしまうのか?、どう質問すれば答えてもらえるのか?などを、ノートに細かく書き出すことで、覚えられるようになったのです。


未だに、「会話の意図や意味を読み取ることがうまくできない」という特性は残っていますが、「コミュニケーションが取れない」という困りごとは克服しています。


今、この手紙を読まれているあなたも、お子さんの問題行動でお悩みかもしれません。



しかし、問題行動には必ず理由があります

その理由を知り、困りごとを減らしていき、その子らしく社会で活躍できるように工夫やサポートをしていけば、特性を持ちながらも、発達障害を克服することができるのです。


ここで考えてみて下さい。


もし、発達障害を克服していかなければ、この先どうなるのでしょうか?

将来的に、二次障害として、不登校や引きこもりになる可能性があります


発達障害がある方は、不登校になりやすいというデータがあります。
引きこもりになる方は、もともと不登校だったということも多いです。



私も、10代後半の頃、不登校・ニート・引きこもりを経験しているのでわかりますが、一度なるとなかなか抜け出すことが大変になります。

散歩するのも怖くなりますからね…。

また、最近は、中高年の引きこもりが社会問題として、よくニュースになっていますよね。

中高年の引きこもりの方のお世話をしているのが、高齢者の父と母なんてことも珍しくないケースで、孤独死に至るケースもあります。


こういった方たちの中には発達障害を持っている方も多いのではないか?とも、言われています。

発達障害のお子さんを持つ親御さんにとっては、他人事ではない話ですよね。

私も、適切な対処を知ることができていなければ、そうなっていたかもしれません。


そして、発達障害の克服はできるだけ早い方が良いです。


なぜなら、年齢重ねてからよりも、なるべく若い時の方が、色々なことを学び、実行しやすいからです。


考えてみれば、そうですよね。
私たちも、年齢が若い時の方がスキルを覚えやすく、色々なことに積極的に取り組んでいたと思います。


私自身、発達障害と気付いたのは早い方ではなかったので(23歳)、よくわかりますが、大人になってから自分の特性に気付いていくのは大変な作業でした。

ですので、年齢を重ねて、どうしようもなくなってから、発達障害を克服しようとするよりは、なるべく早いうちに、克服していくことが解決の近道なのです。

今日以降で、一番、年齢が若い時というのは、「今」ですから、「今」からできることをやっていきましょう。


このことは大事ですので、ぜひ、覚えておいてください。



そして、早いうちに、発達障害の克服ができたら、どうなるでしょうか?



まず、発達障害による困りごとかなり減ります。
あったとしても解決する力が身についています。

そうなれば、親御さん自身は、お子さんの問題に振り回され、疲弊していくことも減っていきます。

お子さん自身も、自分を理解してもらえているという安心感の元、育つことができます。


こんな未来を生きたいですよね。

でも、こういったお話を聞いても、そんなこと実現するはずない…と思われる親御さんも多いです。

確かに、そう思うのは当たり前のことかもしれません。



私もそうでしたが、問題の中にいる時は、そんな未来をなかなか描けませんでした。

生きていくことは苦しいことなんだ。
毎日、辛いことばかり。
きっと私は人生を諦めて、一人で生きていくんだ。


当時の私も、こんなことをずっと思っていました。


ですが、アロマセラピーを通して、発達障害を克服していったことで、当時からは想像できないような未来を手に入れることができています。


精神安定剤を飲まなくて済むようになったため、薬を飲んでいるとやることのできないスキューバダイビングに取り組んだり、

スキューバダイビングの写真
石垣島でのスキューバダイビングの様子


予定が狂うとパニックになって泣き出していた旅行も一人でできるようになりました。

北海道の雲海テラスでの写真
北海道にある雲海テラスにて
(自撮りは得意ではありません…笑)



発達障害を克服したら、あなたはお子さんと何がしたいでしょうか?

うちの子が発達障害じゃなかったら、あんな風に楽しめたのに…

うちの子が発達障害じゃなかったら、こんなに大変じゃないのに…


今まで、やりたいことがあっても、こんな風に思い、諦めてしまったこともあるかもしれませんね。



ですが、発達障害を克服すれば、それらを実現することができます。


そうなれば、お子さんもあなたも、自分らしさを発揮し、のびのびと生きられるようになりますよね。




発達障害を克服するあらゆる方法について


発達障害を克服する方法って、色々、見聞きしますよね。

私自身も、発達障害に良いと聞いたものは、なるべく取り組んでみました。



ここでは、発達障害を克服する一般的な方法について紹介していきたいと思います。

1、薬物療法

病院でお薬を処方してもらい、それを飲むことで克服していく方法です。


お薬なので、簡単に飲めて、すぐに変化を実感できるのがメリットと言えるでしょう。

しかし、薬には、副作用もあるため、注意が必要です。

長い間飲み続ける必要もあり、精神薬は依存しやすい一面もあります。


また、ストラテラやコンサータといった、ADHDの方向けのお薬もあります。

こちらも、飲み続ける必要があり、やはり副作用を心配される方が多いです。


まとめると、薬物療法は、簡単に飲めて、早く変化を感じられるのがメリット!

しかし、副作用が心配な点や、根本解決が難しい点はデメリットということですね。


2、療育


お子さんの発達障害がわかった時に、多くの方が検討するのが療育だと思います。

施設に行き、そこでトレーニングをしたり、皆と色々な活動をしたりすることで、困りごとを解決へと導きます。

国や自治体からの補助が受けられることが多いため、安い価格でおこなうことができます。


ただ、通う必要があるため、準備や送迎など、お子さんと親御さんの負担が大きくなるのがデメリットと言えそうです。


まとめると、安い価格でできるのがメリット!

通う必要があり、親御さんの負担が大きい点がデメリットということです。


3、心理カウンセリング


カウンセリングルームに行き、心理療法やスキルトレーニングを受けることで、克服する方法です。

発達障害に特化したカウンセリングルームも多くあり、困りごとに合ったカウンセリングを受けることができます。


また、二次障害の根本原因である「ストレス」を減らせるため、根本から解決できるのはメリットです。



しかし、カウンセリングは、料金が高いことが多いです。

多くのカウンセリングは、1時間5000~10000円はかかります。

しかも、WEBカウンセリングでない場合は、通う必要も出てきます。


こういったことから、お金と時間がかかるため、親御さんの負担が大きいというデメリットがあります。


まとめると、発達障害に特化したものを受けられる点や、ストレスを根本解決できる点はメリット!

時間やお金の負担が大きいのはデメリットということです。


4、食事療法(栄養療法)


発達障害の方向けの食事療法というのも、最近ではよく紹介されていますよね。

・乳製品に含まれるカゼインや小麦に含まれるグルテンを摂らない方法

・添加物や人工調味料、大型魚(水銀の影響)を摂らない方法

・糖質を減らし、鉄分やタンパク質を多く摂る方法

・サプリメントで栄養を補う方法

などが、よく紹介されています。

まず、普段の食事を変えるだけなので、副作用が少ないのはメリットと言えます。

どこかに通う必要はなく、自宅で始められるのも良いですね。


ただ、食事療法は、結果が出るのに時間がかかります。

そして、お子さんの場合、給食もあるため、なかなかすべての食事を変えるのは難しいことが多いです。

外食やお惣菜も利用できなくなってしまうとなると、親御さんの負担も大きくなってしまいますよね。



まとめると、副作用が少ない点や自宅でできる点はメリットです。

しかし、結果が出るのに時間がかかる点や、食事は毎日・毎食のことなので、しっかりやろうとすると、親御さんの負担が大きくなる点は、デメリットということです。


5、アロマセラピー


このお手紙でもお話している方法です。


精油を使った自然療法である「アロマセラピー」で、発達障害を克服する方法です。


メリットとしては、香りはすぐに脳に届くため、すぐに変化を感じられることです。

継続して使えば、症状の改善だけでなく、予防にも活躍してくれます。


アロマセラピーは、その人の自然治癒力を引き出してくれるため、根本解決することができます。

副作用が少ない点もメリットです。


ただ、発達障害に特化して、アロマセラピーを指導してくれるところは現時点ではほとんどありません。

そのため、学ぶのが難しいというデメリットがあります。


アロマスクール自体も高額なことも多く、私が行ったスクールも、27万円かかりました。

また、スクールだとその場所に通う必要があり、どうしても親御さんのお金や時間の負担は大きくなってしまいます。


まとめると、アロマセラピーは、すぐに変化を感じられ、副作用が少なく、根本解決が可能なことがメリット。

ただし、発達障害に特化して学ぶことが難しい点や、スクールが高額で、通うのが大変という点がデメリットということでした。


発達障害を克服するために……


発達障害を克服する方法を色々と挙げてみましたが、いかがでしたでしょうか?

既にやっているものや、やろうと検討していたものもあったかもしれませんね。


ただ、やはりどの方法にもメリット・デメリットがあり、迷ってしまう親御さんも多いですよね。


では、発達障害を克服するのに、こんな方法があったらどうでしょうか?

☆すぐに変化が感じられる
☆安い価格でできる
☆発達障害に特化している
☆根本から困りごとを解決できる
☆副作用も少ない
☆自宅でできて親御さんの負担も少ない


こんな方法があれば、やってみたいと思いませんか?


これから、そんな方法を紹介したいと思っています。



ただ、この方法に興味のない方は、ここでページを閉じてくださいね。


この先を読んでも、あなたの時間が無駄になってしまうからです。

また、何もしなくても発達障害を克服できればいいですが、やはり何かしらの工夫やサポートを実践しない場合、克服するのは難しいです。


それさえもやりたくないという方は、この方法を知っても無駄かもしれません。


ですので、興味のない方は、ここでページを閉じてください。

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。



では、興味のある方は、続きをお読みください。










KYOKO AROMA SCHOOLについて


続きをお読みいただき、ありがとうございます。

☆すぐに変化が感じられる
☆安い価格でできる
☆発達障害に特化している
☆根本から困りごとを解決できる
☆副作用も少ない
☆自宅でできて親御さんの負担も少ない



そんな方法を学べるのが、KYOKO AROMA SCHOOLです!



KYOKO AROMA SCHOOLは、

1、すぐに変化を感じられる「アロマセラピー」をお教えします。

2、6ヶ月制のスクールで、一般的なアロマスクールよりはるかに安い価格でご提供します。{

3、発達障害の方が抱えがちな困りごとに特化した「アロマセラピー」をお教えします。

4,自然治癒力をアップさせる「アロマセラピー」と、カウンセリングの現場でも使われる、ストレスを根本から改善させる「心理療法」をお教えします。

5、アロマセラピーは自然療法のため、副作用が少なくできます。

6、オンラインのスクールのため、自宅で学べ、自宅で実践できる方法をお教えします。

7、実践者が教えるため、発達障害の方が抱えやすい困りごとに対して、すぐに使える知識を提供します。


KYOKO AROMA SCHOOLでお教えするアロマセラピー


先ほどもお話した通り、精油には驚くべき作用があります。

そして、副作用も一般的なお薬と比べると、少ないです。


そんな精油を使って、発達障害の方が困りがちな症状に特化したアロマセラピーを動画でわかりやすくお伝えしていきます。

また、一般的なアロマスクールは16万円くらいから、高いところだと100万円ほどするところもあります。

私が通ったスクールも、27万円ほどかかりました。


しかし、KYOKO AROMA SCHOOLは、オンラインスクールにすることで、場所代や人件費といったコストを削減し、安い価格で本物のメディカルアロマセラピーをお教えしています


ぜひ、KYOKO AROMA SCHOOLでアロマセラピーをマスターし、発達障害を克服していってください。


KYOKO AROMA SCHOOLでお教えする心理療法


発達障害の方の二次障害の原因となるのは、ストレスです。

そんなストレスを根本から改善できる、「観念修正療法」という心理療法を、KYOKO AROMA SCHOOLでは、お伝えしています。



発達障害の方は、環境からストレスを受けることももちろんありますが、「捉え方や思い込み(観念)」というのも、ストレスの大きな原因になります。


その捉え方や思い込みを変えていくのが、「観念修正療法」です。


この「観念修正療法」は、一度マスターすれば、自分で自分のストレスを改善したり、他の人のストレスを改善していくこともできます。


ぜひ、マスターして、お子さんの二次障害の予防・改善や日々の心の健康に、役立てていただければと思います。


KYOKO AROMA SCHOOLの学習方法


オンラインのスクールってどんなものなの?と思う方も多いかもしれませんね。


KYOKO AROMA SCHOOLは、インターネット環境とスマホがあれば、好きな場所・好きな時間で学べるシステムになっています。(もちろん、パソコンやタブレットでも学べます)



会員サイトがあり、そちらにログインしていただくことで、学習動画を見ることができます。


会員サイトには、毎月5~10本ほどの学習動画が届きます。

1つの学習動画は20分程度になっており、家事の合間や移動中にもご視聴いただけるようになっています。


また、学習動画は何度も繰り返し見れるようになっていますので、復習もしやすいものとなっています。


KYOKO AROMA SCHOOLのお支払い方法


KYOKO AROMA SCHOOLの料金は月額制になっています。


PayPalという安全な決済システムを利用して、お支払いをしていただきます。


月額制のため、途中で退会することも簡単にできます。


また、KYOKO AROMA SCHOOLは、6ヶ月制のオンラインスクールのため、7か月目以降は、費用は発生しません。

ですので、学習や費用の計画も立てやすく、学びやすいスクールとなっています。


KYOKO AROMA SCHOOLを主宰する私の思い


私自身も発達障害を抱え、どうしたらいいのか、本当にわかりませんでした。

1万円ほどするサプリメントを飲んでも全く改善しなかった。

発達障害に良いと聞いた食事療法を、一生懸命、毎日頑張っても、なかなか変わらなかった。

運動をした方が良いと聞いて運動をしたけれども、体力がなくて全身が激しい筋肉痛になってしまった……


本当に散々でした。


そんな中で、希望を見出した「アロマセラピー」。

これだ!と思い、時間とお金をかけてスクールで学び、自分に実践していきました。



実践していく中で、本当に心と身体が解放され、自分らしい生き方ができるようになっていきました。


この過程で得た知識・知恵を、あなたの負担が少ない形でお伝えできることを大変嬉しく思います。



さらに、私自身、発達障がい支援センターという団体に所属する心理カウンセラーです。

そのため、カウンセリング現場でも使われている「心理療法」も、あなたにお伝えすることができます。


以前の私のように、社会で苦しんでしまう発達障害の方をできるだけ減らしたい

それも、なるべく早いうちに対応することができれば、お子さんも親御さんも将来大変な思いをしなくて済む


こんな想いで、KYOKO AROMA SCHOOLを運営しています。



KYOKO AROMA SCHOOLのデメリット


ただし、KYOKO AROMA SCHOOLにもデメリットがあります。


見方によっては、世の中のすべてのものにはデメリットが存在しますよね。

ですので、KYOKO AROMA SCHOOLのデメリットについても、ここでお話しなければなりません。


KYOKO AROMA SCHOOLのデメリット。

それは、アロマセラピーのおこない方について、学ぶ必要があることです。



アロマセラピーは、確かに副作用が少ない療法ではありますが、全く注意すべきことがないわけではありません。

医療で活用するために始まったものなので、やはり注意が必要な部分もあるのです。

・精油は肌に触れないようにしなければいけない

・お子さんに使ってはいけない精油

・てんかんのある方に使ってはいけない精油

・低血圧の方には使う時、注意が必要な精油

・妊娠・授乳中に使ってはいけない精油

・精油を肌に使う場合の注意点

などなど、知っておかなければならない知識・知恵がたくさんあります。


これらを知らずに、自己流でアロマセラピーをおこなってしまい、トラブルになってしまう方もいらっしゃいます。



ですので、何かを学ぶことが面倒だ!という方にとっては、アロマセラピーの知識・知恵を学ぶ必要があることはデメリットと言えます。


でも、逆に言えば、一度学べば一生使える知識でもありますので、この機会に学んでおくと、あなたの今後の人生で確実に役立つものになっていきます。


KYOKO AROMA SCHOOLで発達障害を克服したら……


ここまでの内容をまとめると、KYOKO AROMA SCHOOLで6ヶ月間学ぶことで、

・代替医療として注目されているメディカルアロマセラピーを自宅で実践できるようになる

・カウンセリングの現場でも使われる心理療法を学べ、自分で悩みを解決できるようになる

・発達障害当事者が実践の中で身につけた生活での工夫を学べ、発達障害ならではの困りごとが起きても、解決できるようになる


つまり、KYOKO AROMA SCHOOLで6ヶ月間学ぶことで、あなたはお子さんの発達障害による困りごとを解決するスキルを身につけることができます。

そうすると、あなたのお子さんも、あなた自身も、自分らしく生きることができるようになります。


発達障害の困りごとが解決したら、あなたは何がしたいですか?


KYOKO AROMA SCHOOLを通して、あなたと、あなたのお子さんの幸せの形を見つけていっていただければと思います。



こんな不安はありませんか?


でも、アロマセラピーやオンラインスクールに対して不安なことがあると思います。


ここでは、よくご質問をいただく内容を紹介させていただきます。


アロマセラピーでうちの子の症状が改善されるのか?不安です。


そうですよね。

どんな療法でも、人によって、合う・合わないがあります。


例えば、糖質制限をして高たんぱく質の食事療法は、発達障害の方に良いと言われていますが、合わない人もいます。

私もそうで、満腹感が得られず、食事量が増え、体も重くなってしまいました。


他にも薬物療法も、副作用が出てしまい、続けることができない人もいます。


このように、すべての療法において、合う・合わないがあります。

これは、アロマセラピーにおいても言えることです。


このようなことも考慮し、KYOKO AROMA SCHOOLでは、返金制度をご用意しております


3ヶ月間、KYOKO AROMA SCHOOLで学び、アロマセラピーを実践してみて、特に変化を感じられない場合は、KYOKO AROMA SCHOOLにお支払い頂いた料金を全額返金いたします。


4ヶ月目の料金が引き落とされる10日前までに、ご連絡をいただければ、すぐに返金の手続きを取らせていただきます。

もし合わなければ、連絡して返金してもらうだけですので、あなたはノーリスクでアロマセラピーの学びをスタートできます。

この点はご安心いただければと思います。



アロマセラピーはお金が多くかかるのでは?


確かに、そう思いますよね。

私自身も、アロマセラピーについて学ぶまでは、アロマはお金持ちの人がやる高尚な趣味だと思っていました!


しかし、実際に勉強してみると、精油自体はオーガニックのものでも1000円代で購入できるものも多く、体調管理や化粧水作りにも使え、意外と身近で機能的なものでした。



また、アロマセラピーを学ぶときも、一般的なアロマスクールは、16万円~100万円くらいお金がかかりますが、KYOKO AROMA SCHOOLは、それよりは遥かに安い価格設定にしてあり、返金制度も設けています。

発達障害のお子さんをお持ちの親御さんでも始めやすい・続けやすいものにしていますので、まずは気軽に始めていただければと思います。



発達障害って治るものじゃないでしょ?


確かに、発達障害は、現代の医学では治らないものとされていますし、実際に治らないと私自身も思っています。

だからこそ、工夫やサポートをして、克服することが大切です。


私自身も、発達障害の特性自体は変わっていません。

小さい頃から、あまり空気は読めなかったし、ADHDの特徴である不注意も起こし続けています。

つまり、全く治ってはいないのです。


ただ、自分はこう解釈しやすいのか!こういう一面があるのか!と理解し、事前にサポートをしておくことで、日常生活での困りごとを減らすことができます。

また、体調の面でも、心身のサポートにアロマセラピーを活用したり、心理療法を自分におこなったりして、二次障害にならないようにしています。


このように、発達障害は治らないものではありますが、困りごとを解決するためにやれること、二次障害を防ぐためにやれることはたくさんあります。

ですので、治らないからと諦めて何もしないのではなく、発達障害がある状態でも、生きやすくなる方法を考えていくことをおすすめします



質問したいことが出てきたらどうすればいいのでしょうか?

確かに、KYOKO AROMA SCHOOLはオンラインスクールだし、わからないことがあったらどうすればいいか?気になりますよね。

スクールに入ったら、あとはほったらかしで、直接質問できないのでは…?と思われる方もいるかもしれません。


実は、KYOKO AROMA SCHOOLの会員サイトには、「質問広場」という掲示板のページを設けてあります

そこに、質問を書き込んでいただければ、私が直接お答えいたします。


また、他の会員さんに見られたくない、個人的な質問をしたい場合は、私のLINEでご質問ください。

そちらでもお答えさせていただきます。


ですので、質問したいことやわからないことがあったとしても、直接質問できる場が設けられているので、この点はご安心くださいね。



オンラインスクールってどんなものですか?


KYOKO AROMA SCHOOLは、専用の会員サイトが用意されています。


PayPalという決済システムでお支払いをしていただいた後に、会員サイトへ登録するためのURLをあなたのメールアドレスにお送ります。

そのURLをクリックし、登録を完了させてください。

その後は、会員サイトにログインすることで、いつでも好きな時に、学習動画をご覧いただけます。


また、KYOKO AROMA SCHOOLは月額制のオンラインスクールになります。

もし、やめたいなと感じた時は、途中でやめることも簡単にできます。



実際に取り組まれる方のみお申し込みください


しかし、KYOKO AROMA SCHOOLで学べる内容は、実践してみないとその効果を感じることはできません


そんなの当たり前じゃないか!と思う方もいるかもしれませんが、あらゆることにおいて、実際にやるということを、なかなかしない方は多いです。

・アロマセラピーを学んでも、精油に触れてみない

・心理療法についても、知るだけで満足し、実際に活かそうとしない



このような方は、KYOKO AROMA SCHOOLを購入しても、なかなか解決は難しいかもしれません。


なので、学んだら、少しずつでも、生活の中で実践していきます!という方のみ、お申し込みいただければと思います。



期間限定の特典について


KYOKO AROMA SCHOOLでは、皆さんがより安心して、より深く、アロマセラピーを学べるために、期間限定特典をご用意しております。


期間限定特典1:WEB個人セッション(50分)1回無料(7800円相当)


KYOKO AROMA SCHOOLにお申し込みされた方には、先着10名様まで、Zoomというアプリを使用し、無料で50分間面談させていただきます。

WEB個人セッションは、普段は、50分7800円でやらせていただいているものです。


KYOKO AROMA SCHOOLでの学習を進めていく中での疑問点などを直接お聞きいただければと思います。


期間限定特典2:発達障害克服のためのアロマセラピー図鑑(4400円相当)


私がこれまでに、スクールや専門書、セミナーで学んだアロマセラピーを、発達障害のある方向けにまとめた図鑑になっています。


PDFという、印刷などがしやすいファイル形式でまとめています。

印刷はもちろん、文字検索もでき、大変便利なものとなっています。


ぜひ、手に入れて、KYOKO AROMA SCHOOLの学習にも役立てていただければと思います。


こちらの特典は、人数制限はございませんが、予告なく配布を終了することもあります。

ですので、欲しい方は、お早めにお申し込みいただければと思います。


期間限定特典3:発達障害克服のための生活での工夫セミナー動画(3300円相当)


発達障害を克服していく中でできる生活の中での工夫についてお伝えしている、セミナー動画です。

メルマガやKYOKO AROMA SCHOOLではお伝えしきれなかった「生活の中での工夫」を、発達障害当事者、かつ、心理カウンセラーとしても活動している私が、セミナー形式でお伝えしています。

・スケジュールがうまく立てられない
・忘れ物が多い
・人とのコミュニケーションがうまく取れない
・ゴミ出し・掃除など生活のことができない
・偏食がひどい

など、生活での様々な困りごとをどうやって解決していくか?についてまとめて解説しています。


こちらの特典は先着30名様限定です。


期間限定特典4:特待生制度


「KYOKO AROMA SCHOOL」は、オンラインスクールの強みを生かし、一般的なアロマスクールの相場よりもかなり価格を落として提供させていただいております。


しかし、特待生制度を利用することで、さらに安い価格でご受講いただけます


この特典は、発達障害のお子さんを持つ親御さんは、日々大変なことも多く、少しでもその負担を減らしたいという私の想いからやっています。

料金の詳細は後ほどお伝えしますが、正直、私も赤字になってしまうため、この特典は先着10名様限定となります。


ただ、一つお願いがあり、特待生で入られた方には、修了後に、動画または直筆で、スクールの感想を私に送っていただきたいのです。


どんなスクールだったか?どんな部分を生活に活かせたか?などをお伝えいただくことで、これから学びたい方の参考になればと考えています。


特待生で入りたい方は、ぜひ、早めに下記の料金をチェックして、お申し込みいただければと思います。


KYOKO AROMA SCHOOLの料金


さて、ここまで読んでいただき、いかがでしたでしょうか?


今までお話した通り、一般的なアロマスクールの相場は、16万円~100万円ほどお金がかかります。

また、スクールがある場所に通う必要もあり、時間・お金、共に負担は大きくなってしまいます。


これでは、多くの方にアロマセラピーを学んでいただくことが難しいのではないかと私は思います。


そこで、KYOKO AROMA SCHOOLは、6ヶ月制のオンラインスクールにして、場所代や人件費を削ることにより、相場より遥かに安い料金を実現しました。


KYOKO AROMA SCHOOLの料金は、、、

月額3333円(税込)
※3か月返金保証付き

そして、期間限定の特待生制度を使って入られる方の場合は、、、

月額1980円(税込)
※3か月返金保証付き

で、お申し込みいただけます。


特待生制度は、先着10名様限定ですので、お急ぎください。

お申し込みはこのページの一番下にあります、オレンジ色のボタンからお申し込みいただけます。


最後に


ここまでお読みいただき、ありがとうございました。


KYOKO AROMA SCHOOLにお申し込みされてもされなくても、このお手紙によって、発達障害克服のきっかけをつかんでいただけたなら、私は嬉しいです。


ただ、発達障害の克服って、意外と孤独ですよね。

どうしたら、症状が良くなるのか?
どうしたら、生活していけるのか?

私自身も、何かをやってもやっても、先の見えない迷路をさまようような、孤独な日々でした。


KYOKO AROMA SCHOOLで、発達障害克服の知識・知恵を提供することで、少しでも、発達障害のお子さんとその親御さんの孤独が癒えれば嬉しく思います。

あなたは、一人じゃありません。


そして、あなたとあなたのお子さんが発達障害を克服し、より彩り豊かな生活を送られることを願っています。



KYOKO AROMA SCHOOLに申し込まれる方は、下記の「KYOKO AROMA SCHOOLで学んで発達障害を克服する!」をクリックしてください。


特待生制度を利用して申し込まれる方は、下記の「特待生制度でKYOKO AROMA SCHOOLに申し込む!」をクリックしてください。


では、次は、KYOKO AROMA SCHOOLでお会いしましょう♪




投稿日:

Copyright© 神谷今日子公式サイト , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.