自己受容

嫌な出来事や嫌いな人がいた時の考え方

投稿日:

 

こんにちは。神谷今日子です。

 

あなたは周りに、嫌いな人はいますか?

嘘をつく人に対して、嫌な気持ちを抱くことはありますか?

口うるさい人に対して、腹が立つことはありませんか?

反対意見を言われて、怒りたくなることはありませんか?

ひどい言葉を浴びせられて、苦しくなることはありませんか?

 

また、嫌な出来事がいつまでも頭から離れないことはありませんか?

起こってしまった出来事にくよくよすることはありませんか?

 

こういった時に、心掛けたいことがあります。

今日はそれを紹介します。

 

あなたは、「逆縁の菩薩(ぼさつ)」という言葉を聞いたことはありますか?

仏教の用語なのですが、簡単に意味を説明します。

嫌な思いや苦しい思いをさせてきた人(逆縁)も、恩人(菩薩)になるという意味です。

 

一つ、例を挙げます。

 

車をぶつけられた時に、ぶつけた人に対して、ありがとうございます!と頭を下げて感謝した人の話を聞いたことがあります。

念のためもう一度言いますが、ぶつけられた人が、ぶつけた人にお礼を言ったのです!!!

車をぶつけられるなんて、普通嫌ですよね。

でも、その人にお礼を言った。

するとその後、ぶつけた人から仕事のお客さんの紹介がたくさん入ったそうです。

ぶつけられた時に、腹を立てて争っていたら、お客さんを紹介されることはなかったですよね。

 

逆縁の菩薩とは、こういうことです。

 

 

生きていると嫌なことはたくさんあります。

 

でも、それらは、今まで気付かなかった、自分の中にあるネガティブなものを出す良い機会なのです。

 

嫌な出来事や嫌な人に出会ったら、感謝する。

 

そうすることで、ネガティブなものが自分の中から出て行きます。

そして、さらに幸せになることができます。

 

周りの人や起こった出来事は変わりません。

ですが、自分自身は変われます。

 

まずは、嫌な出来事や嫌な人に、ありがとうと心の中で思ってみることを始めてみましょう✨

私も、嫌な気持ちになったら、すぐに感謝するように心を切り替えています。

 

ただ、感謝が足りないんだ…と言って、辛い出来事にわざわざ飛び込む必要はありません。

矛盾するようですが、苦しい時は、とっとと逃げましょう!

 

最後までお読み下さり、ありがとうございました。

毎日の仕事や育児に苦しんではいませんか?

あなたは、「ある3つの知恵」を知ることで、その苦しみを解決することができます。

・自分の時間が欲しい

・お子さんの発達障害に悩んでいる

・本当の自分を知り、自分らしく生きたい

こんなあなたは、ぜひ、「ある3つの知恵」を無料メルマガで学んでみてください。

読んでいくうちに、悩みを自ら解決し、自分らしく生きていくことができるようになります。

無料メルマガの詳細はこちらをクリックしてご確認ください!

from 神谷今日子

ご質問はLINEでしていただけると、早く返信できます。

友だち追加

Twitter:@kamiyakyouko
Facebook:@kamiyakyouko

-自己受容

Copyright© 神谷今日子公式サイト , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.