自己受容

人と比べてしまうのをやめたい人へ

投稿日:


こんにちは、WEBクリエイター・心理カウンセラーの神谷今日子です。

あなたは、人と比べてしまい、落ち込むことはありますか?

あなたは、人と比べてしまうのをやめたいと思いませんか?

あなたは、人と比べてしまうのを直したいと思いませんか?


確かに、人と比べてしまうことってありますよね。

あの人はあんなにできているのに、私はできていない…

あの人はあんなことをしているのに、私はやっていない…


こうなると、落ち込みたくもなりますよね。

私もよくありました。

あ~何で私は人よりこんなできないんだ!と無気力になったり、
どうせ私はダメだから…と考えるようになったり…

苦しいし、辛いですよね。


そこで、今日は、人と比べてしまうのをやめたいあなたに向けて、ブログを書こうと思います。

人と比べてしまうこと自体は悪いことではない


まず、人と比べてしまうこと、決して悪いことではありません。


えっ!?そうなの?と思う方もいらっしゃるかもしれませんね。

しかし、生きているとどうしても、比較する場面というのは出てきます。


例えば、営業職の人は、営業成績を上げるために、成績の高い人と自分を比べることもあるでしょう。

他にも、ヨガを習い始めたら、インストラクターの先生と自分を比較して、このポーズの時、この足が上がっていないな…などと考えることもありますよね。


ですので、仕事や学校でもプライベートでも、比べる場面というのは出てきます。


しかし、そこで、落ち込んだり、苦しんだりするのは、なぜだと思いますか?

そして、落ち込んだり、苦しんだりしないためにはどうしたらいいと思いますか?


人と比べた時に、ただ違いなだけだと理解する


まず、人と比べた時に、ただ違いなだけ、理解するようにしましょう。

人それぞれ得意なことも苦手なことも違います。
できることもできないことも違います。

なので、あなたと比べた相手とは、そこに違いがあるだけなのですね。

同期のあいつと比べたら、営業成績が低い自分。
インストラクターの先生と比べたら、ヨガができない自分。


それだけです。


しかし多くの人は、そこで自分を責め始めます。

営業成績が低い自分はダメだ。
ヨガができない自分はダメだ。


このように自分を責めてしまうことで、落ち込んだり、苦しんだりするのです。


なので、まずは、ただ、違いなだけとまず、理解しましょう。

では、人と比べてしまった時に、自分を責めないためにするためにはどうしたらいいでしょうか?


人と比べて落ち込まないようになるために大切なこと

人と比べてしまった時に、自分を責めないためにするためには、自分の持っている「基準」を見直していくことが大切です。

・こうでなければいけない
・こんなことできて当たり前だ


こんな基準があればあるほど、あなたは、人と比べた時に、自分を責めやすくなります。


例えば、

「人より優れていなければいけない」「成績が良くなければいけない」などの基準を持っていて、そこへの想いが強ければ強いほど、あなたは、誰かと比べて成績が低かった時に、落ち込みます。

「できなければいけない」「早く達成しなければいけない」などの基準を持っていて、そこへの想いが強ければ強いほど、あなたは、誰かと比べてできていなかった時やなかなか上達しない時に、落ち込みます。



確かに、できた方がいいし、成績は良い方がいいと思いますよね。

しかし、こうでなければ!という、強い基準になってしまうと、人と比べた時に、自分を責める・落ち込むということが起こってくるのです。


なので、この場合、

「できた方がいいけど、できないこともあるよね」
「成績は良い方がいいけど、そうならない時もあるよね」

といったように、自分の持っている基準を見直し、緩めていくことで、人と比べて落ち込まないようになっていきます。



見直していくうちに、意外とその基準は、絶対に正しいものではなかったり、その基準を持たずに生きている人も多くいたりするものですよ。


そして、基準を見直すことで、そのままの自分を受け入れることができると、正しく反省し、改善したい場合は、正しく改善しやすくなっていきます。



なので、まとめると、

・人と比べること自体は悪いことではない

・ただ違いなだけと理解することが大切

・人と比べた時に自分を責めないようにするためには、自分の持っている基準を見直し、緩めてみる

・基準を見直して、そのままの自分を受け入れることができると、正しく反省し、正しく改善していくことが可能になる



ということでした。

ご参考にして頂ければ幸いです。



私が所属する「発達障がい支援センター」でも、似たような記事を本日、書きました。

発達障害の子どもを他の子と比べてしまう時には|発達障がい支援センター

発達障害の子どもや自分と、他の人を比べてしまうことで悩んでいる人は、ぜひこちらもチェックしてみてくださいね。



では、今日は、人と比べてしまうのをやめたい人へというテーマでお話させていただきました。


最後までお読みいただきありがとうございました。

毎日の仕事や育児に苦しんではいませんか?

あなたは、「ある3つの知恵」を知ることで、その苦しみを解決することができます。

・自分の時間が欲しい

・お子さんの発達障害に悩んでいる

・本当の自分を知り、自分らしく生きたい

こんなあなたは、ぜひ、「ある3つの知恵」を無料メルマガで学んでみてください。

読んでいくうちに、悩みを自ら解決し、自分らしく生きていくことができるようになります。

無料メルマガの詳細はこちらをクリックしてご確認ください!

from 神谷今日子

ご質問はLINEでしていただけると、早く返信できます。

友だち追加

Twitter:@kamiyakyouko
Facebook:@kamiyakyouko

-自己受容

Copyright© 神谷今日子公式サイト , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.