音楽

レッチリさんの電球パフォーマンスに学んだ自由💡

投稿日:


こんにちは、神谷今日子です!

いやー、音楽フェス、SUMMER SONIC 2019が、昨日終わりましたね!

私は行けなかったのですが、大好きなRED HOT CHILI PEPPERSが出ていたので、生中継をしっかり見ました👀


生中継を見ながら、ふと、私はレッチリさんに自由を学んだんだったなぁと思いだしたので。

今日のブログでは、そのエピソードを書きたいと思います。

何をするにも、意味や理由を求める日々

私は、今でこそ、脳内お花畑みたいな、のほほんとした人間ですが(笑)

昔は、何をするにも、意味や理由を求め、考え込んでいました。


これをやりたい!と思っても、

  • 私がこれをして、意味があるのかな?
  • なぜそれをする必要があるの?
  • 失敗したら怖いじゃん…
  • 私が心の底からやりたいことなのかな…?
  • やって嫌な気持ちになったらどうしよう


などの考えが頭の中を巡り、やるのを止めていました。


自分が嫌な思いしないために、こんなに考えているのに、なかなか良い気分にならない…。

そんな葛藤が続いていました。

レッチリさんに出会ってしまう


ある時、アンジェラ・アキさんがレッチリさんの曲をカバーしているのを見たのをきっかけに、レッチリさんを知ることになりました。

ワン・ホット・ミニットというアルバムを中古で買って、よく聴いていました。

そして、そのアルバムに入っていたライナーノーツ(解説文)を読んで、衝撃を受けたのです。

ウッドストック'95の電球パフォーマンス💡

電球の画像


レッチリさんは、95年のウッドストックで、大きな電球💡を頭に被って出演しています(笑)

この時点でかなり謎ですが、ライナーノーツには、当時を振り返った、ドラムのチャド・スミスのインタビューが掲載されていました。

《ウッドストック'95》の時に頭にデッカい電球つけて出ようって言ったのは、この俺様なんだ。…でもさ、実際やってみたら電球が重くて首が重くて首がもげそうになるわ、電球のワット数が高いから熱いわで、演奏中何度も死にそうになった(笑)…こういうのって皆俺様が考えるんだ。俺様って天才だからさ(笑)

ワン・ホット・ミニット 国内盤 ライナーノーツより


最初読んだ時は、この人、何言ってるんだ!?とフツーに驚きました。

電球をつけるなんて意味ないじゃん。
しかも、重くて首が痛いなんて、最悪じゃん…。

なのに、何でこんな笑ってるんだろう??
しかも、自分のこと天才って????????

神谷さんの頭の中は、ハテナでいっぱいになりました。

何かをするのに、意味や理由が無くてもいい。


でも、それを読んだ私は、フッと肩の力が抜けたのでした。

あぁ、何かをするのに、意味や理由を求めなくていいんだな…と。

ただ、楽しいからやる。それでいいじゃん。と。


そこから、少しずつですが、やりたいことに手を出せるようになりました。

何でそんなことするの?って聞かれても、だって楽しいじゃん!と言って^^笑

レッチリさんに学んだこと

あなたは、考え込んでしまって、やりたいことができないことはありませんか?
あなたは、意味や理由、効率を求めすぎて、悩んではいませんか?



そんな時は、レッチリさんの電球パフォーマンスを思い出していただければと思います!

と言うと、わかりにくいと思うので…



あなたが、笑顔でいれる選択をしてみてください♪


おそらく、あなたはより良くなるために、今までそのような方法を取ってきたのかもしれません。

ただ、過去の私のように、一生懸命考えているのに、なかなか良くならないという方も多いと思います。


あなたが笑顔になれなくなってしまうのであれば、本末転倒だとは思いませんか?


なので、笑顔になれる選択を🌠

私は、それでかなり自由に、楽になったので、おすすめします!^^


では、残暑が続きますが、お気をつけてお過ごしください!✋

あなたの動画を販売してより自由に生きるための7つのステップを無料メルマガにて配信しています。

・時間と場所に囚われずに働きたい

・好きなことを仕事に活かしたい

・動画の撮り方・編集方法を知りたい

・自由になるための考え方を知りたい

という方は、ぜひ登録してみてくださいね。

ご登録はこちらをクリック

from 神谷今日子

ご質問はLINEでしていただけると、早く返信できます。

友だち追加

Twitter:@kamiyakyouko
Facebook:@kamiyakyouko

-音楽

Copyright© 神谷今日子公式サイト , 2019 All Rights Reserved.