自己受容

どうしようもなく落ち込む時の対処法

投稿日:

 

こんにちは。神谷今日子です。

 

どうしようもなく落ち込むことってありますよね。

 

・もっとやらなきゃいけないのに

・何でこんなにうまく行かないのだろう

・私だけが劣っているのでは?

・余計なことを言ってしまった

・自信が持てない

 

こんな気持ちになるのは、とても辛いですよね。

 

私は、過去に身体表現性障害という精神疾患を持っていましたが、本当に落ち込むことばかりでした。

今日はそんな時の対処法を紹介したいと思います。

 

1.無理に立ち直ろうとしない

 

誰にだってどうしようもなく落ち込むことはあります。

その時に、無理に立ち直ろうとすると、理想と現実のギャップに苦しみます。

 

どうしようもなく落ち込むこともあるさ

 

まずは、そんな心構えで、落ち込む自分を許しましょう。

沈むだけ沈んだら、あとは上がっていくだけです。

 

2.なぜ落ち込んでいるのか考えてみる

 

なぜ、あなたは落ち込んでいるのでしょうか?

意外と、常識や固定概念に縛られているだけかもしれません。

 

・働かなくてはいけない

・毎日、充実した日々を過ごさなくてはいけない

・仕事をうまくやらなくてはいけない

・きちんとした人で在らなくてはいけない

・完璧でなければ失敗だ

・もっとすごい自分でないと自信が持てない

・人に迷惑をかけてはいけない

 

あなたはあなたのままでいいのです。

だらだらすることがあっても、うまくいかないことがあっても、人に迷惑をかけても、あなたは価値のある素晴らしい存在です。

 

3.これからを考える

 

過去は変えられません。

でも、これからを変えることはできます。

 

まずは、過去の経験から許せなくなってしまった自分を許しましょう。

 

・働けなくてもいい

・うまく行かないことがあってもいい

・だらだら過ごしてもいい

・人に迷惑をかけてもいい

・どうしても許せない!という気持ちがあっていい

 

許せるようになると、問題を過剰に問題だと思わなくなってきます。

そして、本当に自分は何を望んでいるのか、考えられるようになります。

 

私は、本当は自由に生きたいことに気付けました。

 

食事を整える

 

番外編ですが、これも意外と大事です。

 

食という字は、人を良くすると書きますよね。

 

私は、精神疾患を持っていた頃は、食事が乱れていました。

ほぼ毎日コンビニのご飯を食べたり、ラーメンを食べた後にソフトクリームを食べたり…。

 

ストレスで、そういった食事を摂ってしまうのはわかりますし、自分を責める必要はありません。

ただ、食生活を整えると、本当に感情の起伏が穏やかになってきます。

 

ちょっと野菜を食べてみたり、たまに自炊をしたり、できることから始めてみてください。

 

 

今日は、どうしようもなく落ち込んだ時の対処法について紹介しました。

まずは、落ち込む自分を許してみてくださいね。

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 

毎日の仕事や育児に苦しんではいませんか?

あなたは、「ある3つの知恵」を知ることで、その苦しみを解決することができます。

・自分の時間が欲しい

・お子さんの発達障害に悩んでいる

・本当の自分を知り、自分らしく生きたい

こんなあなたは、ぜひ、「ある3つの知恵」を無料メルマガで学んでみてください。

読んでいくうちに、悩みを自ら解決し、自分らしく生きていくことができるようになります。

無料メルマガの詳細はこちらをクリックしてご確認ください!

from 神谷今日子

ご質問はLINEでしていただけると、早く返信できます。

友だち追加

Twitter:@kamiyakyouko
Facebook:@kamiyakyouko

-自己受容

Copyright© 神谷今日子公式サイト , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.