自己受容

批判されるのが怖い時の考え方

投稿日:

 

 

こんにちは。神谷今日子です。

 

あなたは、批判が怖い時ってありませんか?

また、批判を恐れて、意見を言えなくなることはありませんか?

自分の言動が相手を不快にさせるのではないかと、怖くなることはありませんか?

 

私は、あります。

こんなこと言ったら、悪く思われてしまうのではないか…

変な行動して、怒られんじゃないか…

変人だと思われて、からかわれるんじゃないか…

どうせなら、存在すら忘れられて、透明になりたい…

こんなことを考えたこともありました。。。

 

今日は、そんな時に活用したい考え方を紹介します。

 

結論から言うと、批判してくる相手の心理を知り、その意見を受け入れるかは自分で決めることです。

詳しく解説していきます。

 

批判してくる相手の心理を知る

 

批判してくる人は、どんな心理を持っているのでしょうか?

考えてみましょう。

 

いくつか例を挙げます。

 

・人を馬鹿にしてくる人

 

人を馬鹿にしてくる人っていますよね。

 

・お前、そんなこともできないのか?

・お前、それやばいだろ…www

・うわー、マジキモイwwwww

 

こういった人は、どんな心理を持っていると思いますか?

実は、こういった人は、コンプレックスを持っている人が多いのです。

自分に自信がないのですね。

 

○○な自分は駄目だ!と思っているので、○○な人を見ると、馬鹿にしたくなってしまう。

 

・人の外見を馬鹿にする人ほど、自分の外見にコンプレックスを持っています。

・人の知らないことを馬鹿にする人ほど、自分の無知さにコンプレックスを持っています。

・怒られている人を馬鹿にする人ほど、自分が怒られることに対してコンプレックスを持っています。(怒られることなんてみんなあるのに…)

 

だから、キモイと言われたからって、私キモイんだ…と思う必要はありません。

相手が、自分のコンプレックスに反応して、批判しているだけだからです。

 

私は、人を馬鹿にする人を見かけた時は、この人苦しいんだなぁ…と思うようにしています。

 

 

・アドバイスのつもりで批判してくる人

 

アドバイスのつもりで、批判してくる人もいますよね。

こちらも、先ほどの馬鹿にするパターンと似ています。

 

○○でなくてはいけないと思っている人は、○○な人を見ると、批判します。

 

・気が利かなくてはいけないと思っている人は、気が利かない人を批判します。

・遅刻してはいけないと思っている人は、遅刻してくる人を批判します。

・音程を外さずに歌わなくてはいけないと思っている人は、少しでも音程を外す人を批判します。

 

常識的に考えてそうだろう!などと言われると、つい、これはダメなんだ…と思ってしまいますよね。

でも、その必要はありません。

 

相手の主観を受け入れるかどうかは、あなたの自由です。

気が利かなくても、遅刻をしてしまっても、音痴でも、ダメだ…と思わず、自分のことを許す方法もあります。

そして、そんな自分を変えたいと思うのであれば、次回から気を付けたり練習したりすればいいのです。

 

この記事も参考にしてみてください。「できないことがあって自己嫌悪に陥ったときの対処法」

 

・あなたのためを思って…!と批判してくる人

 

心配だから…

こっちの方があなたにとって絶対良いから…

と批判してくる人もいます。

 

こういった人は、自分の思った通りに相手をしたいという気持ちが働いています。

また、相手の問題点を作って世話をしてあげることで、「良い人に思われたい」という欲を満たしていることが多いです。

 

相手が善意で言ってくれているからそうしなきゃ…と、つい思ってしまいますよね。

 

でも、その批判によって、あなたが苦しいのであれば、あなたのためにはなっていません。

自分のことを一番わかるのは、理解できるのは自分です。

 

批判は相手の1意見でしかありません。

それを受け入れるかどうかは、あなたの自由なのです。

 

批判を受け入れるか判断する

 

批判とは、「物事に検討を加えて判定・評価すること」です。

そのため、自分にとって良い批判も中にはあります。

 

でも、これは良い批判なのかな…と迷うこともありますよね。

 

一つの批判に対しての良い・悪いの判断は人それぞれ異なりますが、私の批判を受け入れる基準を紹介しますね。

 

・良い批判

リラックスした状態で、その批判を、自分に言い聞かせます。

良い批判の場合は、胸が開く感じ。ホッとします。

 

例を挙げると、私は心療内科の先生に、「合わないことするとうつになったりしちゃうから、自分らしく生きればいいんだよ」と言われたことがあります。

当時の私は、人目を気にして、何も行動できなくなってしまう人間でした。

自分らしく生きていい!という先生の主観を受け入れた時は、恐れはありましたが、胸が安らぎました。

・悪い批判

逆に悪い批判の場合は、胸が閉じる感じ。モヤモヤとします。

頭ではこうした方がいいと思っていても、相手の批判を受け入れようとするとき、胸が苦しくなるのであれば、それは自分には合わないということです。

 

抽象的で、わかりにくく感じるかもしれません。

でも、これは、脳の働きの9割以上を占めている「潜在意識」に聞くやり方です。

 

良かったら、参考にしてみてくださいね。

最後に

 

今日は、批判されるのが怖い時の考え方を紹介しました。

批判は相手の1意見でしかないから、そこまで恐れる必要はありません。

動画を撮る時も、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

そして、私が書いているこの記事の内容も私の1意見になので、受け入れるかどうかはあなたの自由です!

では、最後までお読みくださり、ありがとうございました。

あなたの動画を販売してより自由に生きるための7つのステップを無料メルマガにて配信しています。

・時間と場所に囚われずに働きたい

・好きなことを仕事に活かしたい

・動画の撮り方・編集方法を知りたい

・自由になるための考え方を知りたい

という方は、ぜひ登録してみてくださいね。

ご登録はこちらをクリック

from 神谷今日子

ご質問はLINEでしていただけると、早く返信できます。

友だち追加

Twitter:@kamiyakyouko
Facebook:@kamiyakyouko

-自己受容

Copyright© 神谷今日子公式サイト , 2020 All Rights Reserved.