自己受容

浮き沈みはあってもいい

投稿日:

こんにちは。神谷今日子です。

 

あなたは、気分が優れない日はありませんか?

仕事がなかなか進まない日はありませんか?

また、前はちゃんとやれていたのに…と落ち込んでしまうことはありませんか?

 

私も今日は、外に出かけた時、気分が優れませんでした。

こういった時は、あれをしてしまったからかな…と原因を追究したくなります。

 

でも、本当にそれが原因とは限らないんですよね。

 

古い思想に、「陰陽」という考え方があります。

それによると、全く中立というものは存在しないのだそうです。

 

光があれば影がある。

 

ついつい、常に一定を保ちたいと考えてしまうのが人間です。

でも、浮き沈みはあるものなのです。

 

・仕事がたくさんこなせる日もあれば、こなせない日もある

・気分が優れている日もあれば、そうでない日もある

・同じことをしていても、楽しい時もあれば、そうでない時もある

 

言われてみれば、当たり前のことなのです。

でも、悪い状態にいる時は、このことを忘れがちです。

 

沈んでいる時は、ひたすら待つ。

沈みが終われば、また浮き上がってきます。

トランポリンでも、そうですよね。

 

 

今日は、浮き沈みがあってもいいというお話をさせていただきました。

気分が沈んでいる時は、この考えを思い出していただければと思います^^

毎日の仕事や育児に苦しんではいませんか?

あなたは、「ある3つの知恵」を知ることで、その苦しみを解決することができます。

・自分の時間が欲しい

・お子さんの発達障害に悩んでいる

・本当の自分を知り、自分らしく生きたい

こんなあなたは、ぜひ、「ある3つの知恵」を無料メルマガで学んでみてください。

読んでいくうちに、悩みを自ら解決し、自分らしく生きていくことができるようになります。

無料メルマガの詳細はこちらをクリックしてご確認ください!

from 神谷今日子

ご質問はLINEでしていただけると、早く返信できます。

友だち追加

Twitter:@kamiyakyouko
Facebook:@kamiyakyouko

-自己受容

Copyright© 神谷今日子公式サイト , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.