自己受容

相手の気持ちを考えすぎることはありませんか?

投稿日:

あなたは、相手の気持ちを考えすぎることはありませんか?

 

・これをしたら、相手に変に思われるかもしれない…

・これを言ったら、相手は傷つくだろう…

・悪い反応をされるのが怖いからやめよう…

 

こんな気持ちになること、ありますよね。

 

でも、相手の気持ちばかり考えていると、自分が本当にしたいことがわからなくなってしまいます。

そんな時に、知っておきたい考え方があります。

 

同じ言葉や行動でも、受け取る人の価値観によって相手の気持ちは変わってきます。

 

例えば、あなたが見た目がお若いですね!と誰かを褒めたとします。

 

若く見えることは良いことだと思っている人は、嬉しい気持ちになります。

でも、若く見えることをコンプレックスに感じている人は、嫌な気持ちになるかもしれません。

 

もう一つ例を上げます。

 

あなたが何か、失敗をしてしまったとします。

失敗することを悪いと思っている人は、何で失敗するんだ!と怒るかもしれません。

でも、完璧すぎる人は怖いと思っている人は、あなたを見て、人間らしいところがあって良かったと安心するかもしれません。

 

このように、自分が良いと思っている言葉や行動を、相手がプラスと取るとは限りません。

それと同時に、自分が不快にさせたと思っている言葉や行動が、相手を不快にさせているとも限りません。

 

自分が思う相手の気持ちと、実際の相手の気持ちは同じとは限らないのです。

 

自分がしたことで、相手がどう思うかなんてわからない。

だって、人それぞれ価値観が違うから。

 

だから、相手の気持ちを考えすぎなくても大丈夫。

お互い様で、許し合っていくことの方が大切です

 

あなたはあなたらしく、毎日を生きてくださいね(^o^)

では、今日も楽しく過ごしましょう~。

毎日の仕事や育児に苦しんではいませんか?

あなたは、「ある3つの知恵」を知ることで、その苦しみを解決することができます。

・自分の時間が欲しい

・お子さんの発達障害に悩んでいる

・本当の自分を知り、自分らしく生きたい

こんなあなたは、ぜひ、「ある3つの知恵」を無料メルマガで学んでみてください。

読んでいくうちに、悩みを自ら解決し、自分らしく生きていくことができるようになります。

無料メルマガの詳細はこちらをクリックしてご確認ください!

from 神谷今日子

ご質問はLINEでしていただけると、早く返信できます。

友だち追加

Twitter:@kamiyakyouko
Facebook:@kamiyakyouko

-自己受容

Copyright© 神谷今日子公式サイト , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.